<<01  2015/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春、大学。
題名に毎回春ってつけるのやめろよ?
分かります、私もそう思いましたどうもゆはですこんにちは。

この度は大学が決まりましたので、ざっとご報告を。
まぁ予想通りではあるかな、第2、3希望くらいのところに行くことになりました、うぇーい!

偏差値がね、3番目に高いとこです私の受けた中では(全部で4校しか受けてない)
1番→60~64くらい
2番→58くらい
3番→55~57
4番→52くらい
みたいな感じのイメージです、3、4は受かったけど他は落ちましたてへぺろ。
まぁでも塾行かないで高校のレベルがアレだった割には、
自分的には良いところに行けたかな、と思います。
ただね、受験しないと分からないことって言うのがありまして
其の一「普通の大学に入るために必要な努力の量は普通じゃない」
私これがずっと分からなかったんです、というか終わって初めて気づきました(遅ぇ)
だって誰も言ってくれないんですもん、分かりませんよ(八つ当たり)
普通合格者体験みたいなのとか学校とか予備校とかであるじゃないですか、
でもそれって成功体験じゃないですか
成功体験=なんだかんだあったけど結局受かったイェイ
みたいな感じなんで得られる感想が「大変みたいだけど頑張ればなんとかなるか!」みたいになっちゃうんですよ、
あれ私だけですか??w
なんか最終的に話してる側も聞いてる側も良い気分で終わるというか…。
いやそれが悪いというわけじゃないんですけど…。
なんだろ、話してる側も聞いてる側も辛いかもしれないけど失敗体験こそ聞くべきなんじゃないか?
とも思いました、最高なのはどっちも聞けることですよね。
進研ゼミとかだと「これやって成功した!」「これやんなくて失敗した…」とか言うの書いてあったりしますけどね、
そんな感じで話す機会がもう少し増えた方が良いんじゃないかなと。

というわけで、私からも今日はちょっとだけ。
受験生はね、ピンチになるとネットで調べたりするんですよ(主に私)。
だからそういう人の目に留まれば良いな。
Twitterとかで話そうと思ってもまじで何ツイート使う気だよ、って感じだし私の周り年上ばっかだからあまり意味がないというか…って状態なので。w

じゃあ実際に努力の量の話に移りたいと思います。
まぁ日東駒専→GMARCH→早慶上理→国公立ってあるじゃないですか、
あとは関関同立とかはGMARCHと早慶上理の間って聞きました、まぁそんな感じじゃないですか。

私ずばりこの日東駒専レベルのところなわけですよ、正直結構舐めてました。
元からこの名前というか括りでされてる系のところに入りたくなくて、全然考えていなかったんです。
しかも私の高校はそれなりに馬鹿で(特進偏差値:53~55、文理偏差値:43~45)、
馬鹿=一般試験じゃ合格しない→AO、推薦で大学合格実績を出す
みたいな感じなんですよ、私の所属?している特進と文理からの一部の選抜組っぽい感じの人達のみ一般受験、
もしくはセンター利用で他はだからもう皆冬前には進路決まってるみたいな。
そんな状態でまぁ指定校推薦の1番上が確か駒澤大学らしいんですよ、1番上ってどれくらいなんだろ、4.5とか?
私が全然知らないのは特進に推薦の権利はないからです(それくらい一般で受かるんだから取るなの理論)
4.5なら私多分ありますけど(自慢)、でもそれで駒澤…?みたいなね、日大とかはマンモス校なだけあって、
色んな場所に色んな日大の学部があって結構そこにはAOとか公募とかで行ってる人もいました、
だからね本当に私の中の勝手なレッテルでしかないんですが『文理でも入れるところなんだから簡単』みたいな意識があったんです。
そしたらふたを開けてみたら学部によって偏差値全然違うわ、別にそんなに問題簡単じゃないわびっくりしました、ほんとに。
センター思いっきり死んで当初かなり無理矢理目指していた国公立を断念、
そこから私大に切り替えた私ですが、GMARCHレベルのところに入れるんじゃね?という謎の自信と、
いや待って日東駒専レベルも無理かもしれない、という謎のジレンマに襲われました。
結構病みました、だって担任の先生が「ゆはさんは日東駒専レベルなら普通に受かると思ってたけどセンターと同じような感じだとそれも難しいかも」とか言ってくるんですよ、冷や汗やばいですよ。
最終的にどこも受からなかったら二部、もしくは1年勉強して公務員になります、ってとこまで話しました。
でも二部って経済とかしかないんですよね、社会人の人のためーというか。
私心理系、社会系、農業系、というごちゃごちゃな志望先だったんですが経済にはちょっと興味無かったので先生行きたい学部ないよ…ということになってしまって結局とりあえずやる!!ってなったわけなんですが。
経営というか商業系とかならちょっと面白そうだな、って感じなんだけどね。

まぁそれでかなり追い込まれた状態での勉強が始まったわけです。
結構それなりに勉強しました、でも逆にどんどん頑張れなくもなっていきました、
それはもう成功体験した人達からは1度も聞いたことがないワードですよ、でも私たちの代はほとんど皆が経験することになりました、
『かつては勉強を頑張れていたのにいざ受験が迫ってきたら疲労でなかなか力が入らない』というやつです。
やりたい、やらなくちゃと思うのにやれない、集中できない。
10時間勉強時間が切ったりしてもうほんとに焦りました、どうも気が散っちゃうんですよ。
あれは何なのか結局受験終わった今も分かりませんが1つ言えるのは『人の集中力には限界がある』
ということです。だからこそ浪人すればどこでも入れる、志望校に入れるかも、というのはあっまあまな考えなんです。
(受験に病み疲れはじめ、入りたかったところに落ちていくと浪人したい運動が始まります、
またそうでなくても全落ちすると大学にどうしても入りたい場合、強制的に浪人になりますがその時になぜか自分も受験が終わったかのように周りと遊びだす人が出てきます。)
一応目安として浪人生は夏までが勝負らしいですよ、そこまでに志望校合格レベルまで持って行って、
あとはその力キープみたいな。浪人のが落ちやすいとも言いますしね、なんとも残酷ですが。
受かるには強い意志と、それに負けない果てしない努力が必要なんです。

そんなわけで私は実際に受かった大学の過去問は2通りの受験方法合わせて8年分は解きました、多分。
(受験方法が違っていても同じ出題形式になってる大学だった)
受からなかったところも第1志望は6年分くらいは解きましたよ、まぁやることが苦手をなくすことと過去問解くくらいですからね、当然でしょう。
ただ第2は初めから無理だろうな、と思っていたのであんま解かなかったんですが…。ちょっと後悔ですね。

うーん話の収拾がつかなくなってきたぞ。((

まぁ私自分の頑張り数値化できないのでなんとも言えないんですが、私から見てそこそこ頑張ってる組という組に分類できる人達がいまして、
その人達はまぁ塾行ったり放課後残って勉強したり…でも家庭の事情でバイトしてたり、ちょっと友達と遊んでたーなんて話を聞いたりするような人達です。
勉強:その他で言ったら私から見た図は6:4くらいかな。
まぁ日東駒専はこういう人達なら受かると思ってました、ところがその人達結局受からなかったんですよ。
結構ほんとにびっくりしました、そこで思いました「はっ?!レベル高くない?!」って。
おっそいですね、ほんと。飽き飽きするレベルです。
しかし本当にそれまで分からなかったんです。
Perfumeの曲の歌詞でね
「ねぇ皆が言う普通ってさ なんだかなんだって実際は多分
真ん中じゃなく 理想に近い
だけど普通じゃ まだ物足りないの」
というのがあるんですけど、まじでそれ。日東駒専は普通に勉強してても受からないです。
学部の差はあるかもしれないですけど…。
日大も70/200とれちゃえば受かるとことかなんとか色々あるらしいですし…。
基本地方に行くと偏差値が下がっていきますね、そういうところは。

偏差値53くらいのところにうかるためには53に到達するための努力じゃ足りない、ということです。
分かってたはずだけど案外見落としがちじゃないですか?
私は53あれば良いと思っていたけど、55~58ぐらいまで保てるレベルで勉強して初めて受かるという結果が得られるわけです。
「この大学にどうしても行きたい」って思っていたらその大学には行けない、
だからできるだけ高い目標を持て、という言葉はよく聞いていたんですがそれはこういう意味だったのかもしれませんね。

普通の大学に行くには普通の努力じゃ足りない、
普通以上の大学に行きたいなら異常な努力をせよ、というわけです。

ちなみに推薦とかで普通の大学に入っちゃった奴は気にしない方向で行きましょう、
多分大学入ってからが地獄です。辞めちゃうかも?しれないですしね(毒)
実際私の高校は入ってからどんどん大学辞めていく傾向にあるっぽいですよ。


其の二「受験勉強とは何か、分かってなかったりする」
これも私ですが、もうまじで経験則でしかないですが。
ずばり「苦手克服」です。それが全部終わったら「過去問とか解いて問題対策」です。
ちゃんとね、しないといけないのは分かっていたんですよ。((
受験勉強は高2の夏くらいからやると良い、みたいな話を聞いたので、私の勉強はそれくらいから、
やらねば、もうそういう時期だ。という意識になっていました。
高2の夏は200時間くらいだったと思う、40日で。まぁ1日5時間ですね。
こんなもんのがこの時期は良いのかな、平均して5時間になるように、ってのは案外きついですよ?
やってみてください、受験生は10~12時間当たり前だね、JK(常識的に考えて)
まぁでも問題はその時間で何をするか。
それを私は本当に全く分かっていなかった、だから受験勉強を始めたのはいつ?
みたいな質問のとか見てやらなきゃ、って焦るのに同時に「何を?」って思ってしまったんです。
要するに宿題以外のことかな、と思いました、はじめは。
でも勉強していてもなんかピンとこない、これで良いのか?これは受験勉強なのか?
って思ったけどでも他の方法が見つかるわけでもなくずっとなんとなく勉強する日が続いていました、
やらないといけないことに気付いたのは高3の夏が終わってからでした、まじで遅い、驚きの森!!
そこでね「あー受験勉強って苦手克服することだ」って思ったんです。
例えば数学あるある、大学の出題傾向が自分の嫌いな範囲。
これめっちゃあるある。まぁそんなに早くから過去問を解く必要は私はあんまないと思ってる派。
センター終わってからで十分でござる。
でもね、出題傾向は知っておくべきです、そういうのは赤本の最初の方に書いてありますから、対策法とかなんとか。
それを早めに絶対確認しといてください、もう今でも構わない!!(早すぎ)
でも5月くらいには見といたら良いんじゃないかな。
たまに書いてあるんですよ「○○大学は英語がかなり難しい、筆記もたくさんあるのでできるだけ早めの対策が必要」
とか!!
それをさ、11月とかに見てごらんよ…絶望だからw
大学によって色々表記とかも違うから分かりにくいんだけど、入学した人の声書いてあったりもするからそういうところ見てこんなところがあるのかー、とかここ気を付けよう、とかそういうことにも活用できると思います。

数学でよく範囲になってるのは
→「確率、指数・対数(関数の場合も)、三角比、数列、ベクトル」
どう?嫌いじゃないですか??w
私はなかなかに「おうっふ…そこ出る…?」って感じでした。
英数国で3科目で全て私大受けたんですが、選んだはずの数学に足を引っ張られこのざまですよ。
①なぜか数学だけ記述の大学がある
②色々書いてる間に時間なすぎおうっぶふ…
とかまぁ色々あるんですけど、私の努力がそこは足りなかったってとこですかね。
別に早い段階から赤本見る必要はないと思うんだけど出題傾向と問題形式は絶対に見ておくこと。
記述があったら記述回答作るように面倒でも問題解くときに書いといた方が良いです。
本番で「どこまで詳しく書けば良いんだよおおおおおおお」状態に陥りました、私((

だからね、嫌いなところの問題をとりあえず全部解けるように片づける。
そのときにチャートとかそういう網羅系使うと良いかもしれません。
あと黄チャートを私は結構舐めてたんですが、理系上位校じゃないなら黄色でも十分対応できると思います。
(GMARCHレベル受かってないから説得力ないかもしれないけど、出てたんです、黄チャートの問題が出てたんです)

青チャート心が折れるレベルなので、黄色で苦手をなくしてそれ以上の力がどうしても必要だぜ、
ってなったら青をやることをお勧めします。
私はちなみに1章2章ってあるやつの中にあるちっちゃい章みたいなやつ(2次関数の中の最大値、最小値的な)の後ろに、
まとめみたいな感じででてきた色んな考え方の問題が載ってるんです、それを解ければ十分だと思います、
解けなかったら何ページの類題だよ、って出てるんでそれを見て解き方を学んだりすれば良いかと。

英語は私はほぼ単語と熟語しかやってませんでした(熟語が出る系の大学受けてた)。
でもそしたら単語の発音聞いてくるところがあってまぁーじぃーかぁーとなりました(実は苦手)

そういうところの対策早いうちからできたら強いと思いますね、苦手かつ良く出る範囲を何度も勉強して苦手をなくしていくのが受験勉強です!!
言い切ります、それが受験勉強です!!


なんか私の高校は全然レベルが低いのに国公立合格を目指していて、
やらないといけない教科があって、センター形式になれないといけなくて、対策しないといけなくて…。
ってすごく忙しかったけど、私大も受けるんだから逆に時間があるうちにそういうことも手を付けていたら少しは違ったかなぁ、と思うわけです。
私に足りないものは計画性とそれを実行する力でした(終わってる)
もしも国公立受験者がいたら、理社は高3夏ごろには始めるようにしよう…。
理科がどうしても苦手なら私大に切り替えるんだ…←最悪
先生とかに助けてもらうのも結構良いかもしれませんね、私それで受かったようなものですまじで。


まぁ、そんなわけで、これから受験だぜという皆へ軽いメッセージとアドバイスでした。
受験で病むのは1月頃からです、そしてそこから切れる人は集中力が切れます、
そこでどれだけ頑張るか、諦めないかで結果が絶対に変わってきます。
もし頑張れなくなったら、超頑張ってる人を探してその人と比べて追いついて追い越そうとしてみてください、
もしくは3分くらいで終わるどうしようもない遊びを見つけてみて下さい。
study plusが個人的にはとても助かりました、勉強記録できるし、友達で同じ大学目指してる人の発言と勉強量が明らかに違うと本当に危機感が得られます。((


これで良かった、って思える結果になることを祈ってます、ファイトだよ!ほのかじゃないよ!(にわか)
スポンサーサイト
プロフィール

ゆは

Author:ゆは
ゆはだよ!
はなちゃんに描いてもらったよ!
てなわけで、
飴娘、とありますが、
それは私のtwitter上の名前ですw
髪の上の…は、
はなちゃんのアイデンティティー。

名前がコロコロ変わります。((

このブログだけで、
今まで・・・
・李華
・夢羽
・hati♪
・麗亞
・唖夢
・螺夢
・羅夢
・柚麻
・唖夢
・想魔
・くうあ。
・結城
・憂葉
・AMU.
・灯奈 amu.
・ゆは
というねww
ただいま、
『ゆは(×ゆわ)』です!

BL、GL、NL
ジャニーズ、
お笑い(?)、
アニメ、
などなど守備範囲広めです
リンク&ブロとも、
募集中b

以上管理人、
ゆはからでしたっ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
かうんたーっ!!!
もう少しで16000!!
Let's検索
リンク
くりっくうくりっくう
RSS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。